表彰プログラムとは
|年度 |2016201520142013201220112010090807060504030201年度以前

2008年度表彰プログラム (2008/09/01-2009/08/31)

財団法人ソロプチミスト日本財団
社会ボランティア賞(社会人の部)受賞

口腔外科医   山田祐敬様

 平成20年11月20日、パシフィコ横浜で行われた((財))ソロプチミスト日本財団平成20年年次大会において、SI岡崎が推薦した山田祐敬様が社会ボランティア賞を社会人の部で受賞されました。 全国からの141の個人,団体の応募のなか、25の個人,団体が受賞されその中に選ばれました。
社会ボランティア賞は国内外において誠実に継続的に地元密着型のボランティア活動を地道に行い地元に貢献している人に贈られます。
山田様は長年にわたり東南アジア、特にカンボジアで口蓋裂の子供たちの治療をする為に、手術の施術は勿論、水の確保のための井戸掘り、 電気の供給などのインフラの設備の充実、現地の医師、コ・メディカルのスタッフの教育、母親教育と現地の人たちだけで自立して活動できる様に様々な支援を20年近く活動してみえます。

 授賞式にて

女性のために変化をもたらす賞 クラブ賞
NPO法人「蕗の薹」理事長 栗木宏美様

 栗木さんは脳性まひによる障害を持ちながら、高校の普通課程に通い大学を卒業しました。その後結婚。子育てが一段落した頃、自立ホーム・社会福祉法人「ありのまま舎」制作のアニメ「明日の風に向かって」を自主上映しました。そこで得たわずかの資金を元に「明日の風文芸賞 岡崎」を立ち上げました。

 詩歌・俳句・エッセイなど文芸は人々に勇気を与えてくれます。年齢や障害、人種などの枠を越えて心の交流をおこなうこの賞は今年で5回目を迎えています。

 さらに、重い障害を持つ子供たちにとって養護学校卒業後も生き生きと過ごせる場所が特に必要であるということから、「医療ケアのできる障害者施設」設立を目指し2006年に「蕗の薹」を立ち上げました。2008年4月にはNPO法人に認定され福祉イベント・障害のある子どもたちのホリデースクール・社会福祉講座などを開催しています。常に前向きで新しい風を起こし人々に勇気を与え続ける栗木さんに私たちもエールを送ります。著書 詩集「お母さんの詩を聞いて」「ホイッスル」「キュウリは真っ直ぐじゃないといけないの」中日詩人会会員

表彰プログラムとは
|年度 |2016201520142013201220112010090807060504030201年度以前

Copyright 2007 国際ソロプチミスト岡崎